関東の合宿免許の基礎知識と流れとは?

全国の合宿免許の特徴

短期間で安く免許を取得することが出来る合宿免許。運転に必要な知識や技術もしっかりと学べるのが魅力です。関東の各地で合宿が行われているので好きなエリアを選ぶことができ、場合によっては交通費の負担をしてくれるケースもあります。そこで短期間で免許取得するときに便利な合宿免許について解説します。

関東の合宿免許とは?

関東で行われている合宿免許とは、泊まり込みで運転免許を取得するための講習や試験を受けるサービスのことです。泊まり込みで学習することで短期間で勉強を終えることができ、学科試験もその場で受けられます。教習所やスケジュールによって違いはありますが、普通車ATなら2週間程度、普通車MTなら20日前後で教習所を卒業することが出来ると言われています。卒業するまでのスケジュールは全て教習所側が考えてくれるので、自分自身で計画を立てる必要はありません。講習を受けるための予約をする必要もなく、スケジュール通りに動けば卒業することが出来るシステムです。短いスパンで次々と生徒を受け入れることができ、回転率も良いことから費用も抑えられています。

関東は人口も多く、交通網が発達していることからどのようなエリアの合宿でもアクセスしやすいのが特徴です。宿泊するための施設も充実していて、免許を取得するための環境は整っています。関東の中で特に合宿が行われているのが、栃木県や茨城県です。自然豊かな環境で、集中して勉強することが出来ることから合宿の地に選ばれています。

免許取得までの流れ

合宿免許に参加することが決まったら、指定された場所に集合します。集合時間に遅れると他の生徒に迷惑を掛けたり、場合によっては入学することが出来なくなるので注意しましょう。慣れない土地に行くので交通手段をきちんと確認して、スムーズに到着出来るように調べておくことが大切です。指定された場所に到着したら入学手続きをします。このときに本人確認書類などが必要になるので、事前に用意しておきます。

入学手続きを終えると適性検査が実施されます。視力や聴力、運動能力などを検査して運転するときに問題が起こらないかチェックするのです。普通車の免許の場合は片目で0.3以上、両目で0.7以上の視力が求められます。近眼の場合は眼鏡やコンタクトをつければ大丈夫です。検査して条件をクリアすると、いよいよ学科です。学科では運転に欠かせない基礎知識や心構えを学びます。さらに技能教習などを経て、運転に必要な技術も学ぶ手順です。

基本的な知識や技術を学んだら、仮免許に挑戦します。学科と技術教習の2つに合格すれば、仮免許取得となります。仮免許を取った後にはより実践的な知識や技術を学びながら、路上での運転の指導のスタートです。一通りの知識や技術を学んだら卒業試験に挑戦して、合格すれば合宿から帰宅となるのです。帰宅してから本免許学科試験に合格すれば、晴れて運転免許の取得となるのです。

友達と一緒に参加することも出来る関東の合宿免許

関東の合宿免許では友達同士で参加する人も多く、旅行感覚で合宿を楽しむ人も珍しくありません。仲間と協力しながら学ぶことができ、楽しい思い出も沢山作ることが出来るかもしれません。また合宿で新しい友達が出来るなど、新たな出会いにも期待することが出来るのは合宿免許ならではです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました