普通自動車免許を取得する方法やかかるコストとは?

運転免許

普通自動車免許を取得する方法は1つではありません。そこで、方法や取得までの流れ、かかるコストなどを解説します。

普通自動車免許の取得方法と取得までの流れ

普通自動車免許を取得する方法は、主に3つあります。1つ目は最も一般的な、教習所に通う方法。教習所は全国にたくさんあるため、自宅や学校から近いところを選ぶ人が多いです。そして、教習所に通うとだいたい2~3ヶ月で免許が取得できます。取得までの流れとしては、入校後に適性検査や先行学科を受けて、第1段階の学科講習と技能講習に進みます。

そして仮免前効果測定というものを受けた後、仮免許学科試験と技能試験を受けましょう。無事に仮免許が取得できたら、第2段階の学科講習と技能講習に進んで、卒検前効果測定を受けます。そして卒業検定や路上検定に合格したら、卒業証明書が貰えるのです。その後、免許センターで適性検査と学科試験を受けたら、晴れて普通自動車免許が取得できます。

2つ目は、合宿免許という方法です。教習所に通うのではなく、泊まり込みで免許を取得します。2~3週間くらいで卒業できるため、短期間での免許取得を目指している方にぴったりです。なお、取得までの流れは教習所に通う方法とだいたい同じです。そして3つ目は、一発試験という、教習所に入校しない方法です。免許センターに行って学科試験と実技試験に合格することで、すぐに免許が取得できます。ただし合格することは簡単ではありません。

普通自動車免許の取得にかかるコスト

普通自動車免許の取得にかかるコストは、取得方法や免許の種類などによって異なります。たとえば教習所に通ってAT車限定免許を取る場合は、24~33万円くらいで、MT免許の場合は25~34万円程度です。なお、二輪免許を持っている場合は、4~6万円ほど安くなることがあります。

そして免許合宿の場合は、繁忙期か閑散期かによって相場が異なります。繁忙期の場合のAT車限定免許であれば25~30万円、閑散期の場合は17~22万円。そして繁忙期の場合のMT免許であれば27~37万円、閑散期の場合は19~24万円くらいが相場です。なるべく安く済ませたい場合は、格安プランが販売されることもある閑散期が狙い目でしょう。また学生の場合、学割がある教習所も多いので、積極的に利用してみてください。そして一発免許の場合は、仮免を持っている場合は3万円程度、持っていない場合は4万円程度です。

普通自動車免許を取得したらできること

普通自動車免許を取得したら、もちろん車の運転ができます。しかし、トラックやバスなど全ての車が運転できるわけではありません。平成29年3月12日以降に免許を取得する場合は、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満、そして乗車定員10人以下の車を運転することができるのです。さらに、トラクターやフォークリフトなどの小型特殊自動車、そして原動機付自転車、いわゆる原付も運転することが可能です。なお、バイクと原付は異なるので、注意してください。

普通自動車免許を取得して車を運転しよう

普通自動車免許を取得する方法はいくつかあるので、自分に合った方法を選んでください。免許を取って、運転を楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました