山形で合宿免許を選ぶ際のポイント

全国の合宿免許の特徴

夏には避暑地として、冬はウィンタースポーツや温泉が楽しめるため山形県は人気の合宿スポットの1つです。実は日本の合宿免許の発祥の地でもある山形県では、さまざまな形態の教習所が存在しています。ここでは山形県内の合宿免許の候補地を選ぶ上での、考慮すべきポイントを解説します。

交通費の支給や保証などの料金面

山形県で合宿免許の候補地を選ぶ際に注目したいのが、保証内容と料金面です。首都圏の学生の半数以上が山形県を選択している理由に、往復分の交通費を支給している教習所が多い点が挙げられます。東京駅から山形駅まで約2時間で到着する新幹線の片道料金は、自由席の場合は10,640円で指定席なら11,210円かかります。そのため山形で教習を受ける場合、交通費の支給の有無は必ずチェックしてください。加えて、合宿中の食事代も料金に含むかどうかも確認しておくべきです。もちろん自分でご当地グルメを食べて回りたいのであれば、昼食のみ支給の教習所を選びましょう。

保証内容で要チェックなのが、再度教習や検定を受ける際の費用です。卒業試験にストレートで合格できれば全く問題ないですが、不合格の場合は試験だけでなく教習も追加で受けなくてはなりません。その際に追加費用が発生するのか、また二回以上試験に落ちた場合の延泊分の費用はどうなるのかといった点も確認しておきましょう。

宿泊施設や設備、特典・キャンペーン

免許の取得も大事ですが、宿泊施設の過ごしやすさや楽しい思い出作りも同じくらい大切です。山形県には蔵王温泉をはじめ温泉地がいくつかあり、温泉の近いホテルや宿泊先は特に人気があります。冬にはスキー場でウィンタースポーツが堪能できたり、夏場には山登りや森林浴も楽しめるためアウトドア派の方は立地も条件に入れておきましょう。なお温泉やレジャー施設で使用できる割引券、有名なご当地グルメを提供する飲食店のチケットを支給など特典を用意している教習所もあります。

料金を少しでも抑えるには、割引やキャンペーンを最大限活用するのがポイントです。多くの教習所で実施しているのが、学生に向けた学割キャンペーンです。2名もしくは3名以上で申し込むことで安くなるグループ割・団体割、カップルや夫婦で申し込むのが条件であるカップル割など予定が合うならぜひ活用しましょう。休暇を調整できるのであれば、割安になる閑散期に参加するという方法もあります。

部屋の形態

教習の時間外は、部屋で一人でくつろぎたい場合はシングルルームを選ぶべきでしょう。合宿期間中は午前と午後に学科・実技の教習があり、多くの人と触れ合います。大抵の教習所では15〜16時頃に終了して、夕方には宿泊部屋に戻るというスケジュールです。就寝までは自由時間となりますが、その時相部屋であれば他の人と一緒に過ごすことになります。自室では一人になりたい、という方はシングルルームを選ぶようにしましょう。

自然豊かな山形で合宿免許をエンジョイしよう

山形は温泉やスキー場など、レジャーはもちろん自然が豊かで合宿免許に最適な地です。交通費の支給や保証内容など料金面を考慮しつつ、アウトドアや部屋の条件など自分の目的・希望に合った教習所を選ぶのがポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました