学生でも取得可能な準中型免許とは

運転免許

準中型免許は平成29年3月に新設されたばかりの新しい免許です。トラック系の免許取得に興味がある学生の方々に、その内容や取得方法を説明していきます。

新しい免許準中型免許とは

準中型免許は平成29年3月に、普通免許と中型免許の間に新設されました。中型免許には取得条件があり、年齢が20歳以上であることと、運転経歴が2年以上であることの両方を満たす必要がありました。一方、準中型免許は、18歳以上であれば取得可能であり、高校生でも取得を目指すことができるようになりました。

しかし、準中型免許を取得したとしても、すべてのトラックを運転できるわけではありません。運転可能な範囲は、車両総重量が3.5t以上7.5t未満、最大積載量が2t以上4.5t未満、乗車定員10人までの自動車に限られています。引っ越し用のトラックやコンビニの配送車をイメージするといいでしょう。

また、作業ができる車としては、ごみ収集車、高所作業者、2ユニック車も準中型免許で運転が可能です。高所作業者は、看板取付や電線工事など、高所作業を行う際に利用します。2ユニック車は、クレーンが架装されたトラックで、建築現場などで見ることができます。ただし、クレーン作業は、小型移動式クレーンと玉掛けの資格が無いと扱うことはできません。

準中型免許が新設された背景とは

現在、宅配を利用する人が増えたこともあり、物流業界は人員不足に陥っています。配送に必要なトラックを運転するための中型免許取得には、20歳以上という年齢制限と、2年以上の運転経歴が必要であったため、高卒者を新規雇用しても、すぐには戦力にならず、人材確保が難しい状況にありました。また、普通免許で車両総重量5t未満、最大積載量3t未満の小型トラックの運転が可能だったのですが、小型トラックの交通事故が多い状況にありました。

物流業界の人員確保と交通事故削減の観点から、トラックに見合う運転技術と知識を要する準中型免許が新設されたのです。準中型免許は18歳で取得可能なため、雇用促進が期待できます。また、取得には普通免許よりも多くの技能講習を受ける必要があるだけでなく、深視力などの取得条件が厳しくなる点もあり、交通事故の削減も期待できるのです。

準中型免許の取得方法

準中型免許の取得方法は、大きく分けると3つのタイプがあります。
・教習を合宿免許で受け、卒業試験合格後に免許試験場で取得する。
・教習を通学免許で受け、卒業試験合格後に免許試験場で取得する。
・運転免許試験場で一発試験を受ける

合宿免許であれば、18日程で取得が可能です。一定期間を教習所で過ごすことにはなりますが、短期集中で取得できるため、学生には長期休暇を利用して取得しやすいというメリットがあるでしょう。通学免許は20日以上かかるのが一般的です。学校に通いながらでも取得が可能なのです。

費用は、合宿免許の場合35万円から40万円程、通学免許の場合33万円から38万円程、一発試験では5万円ほどのようです。教習所により誤差はありますが、30万円台後半を念頭に置くといいでしょう。

ただし、注意が必要なのは、自動車学校の入校に条件があるということです。
・18歳以上であること(検定終了時に18歳以上であれば可能)
・視力が両目0.8以上、片目0.5以上、深視力2.5mの距離で平均誤差2cm以内であること
・3色(赤・青・黄色)が識別できること
・運転に支障のある障害がないこと
・10mの距離で90dbの警音器の音が聞こえること
です。

取得条件を満たした上で、取得方法を選択する必要があります。

準中型免許は自分の強みになる可能性が高い

新設されたばかりの準中型免許ですが、運転技術と知識を備えた、物流業界で重宝される免許です。運転経歴が無くても免許取得が可能ですので、今後の一つの強みとして取得を目指すのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました