女性一人で参加する合宿免許ってどうなの?詳しくご紹介

合宿免許の豆知識

合宿免許は費用が安い、短期間で免許が取得できるなどメリットが多い反面、女性一人での参加は不安がつきものです。そういった場合の安全性や、メリットデメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

安全性は大丈夫なのか

合宿免許で免許を取得するまでの期間はおおよそ2週間ほどですが、その間女性一人参加の場合一番心配なのが「安全性」です。ほとんどの教習所では、そういったこともきちんと配慮しており、宿泊場所は男女別にしている場合が多いです。例え同じ宿を使うことになっても、男女のフロアは別にしていたり、基本的に異性のフロアには立ち入り禁止としていたりします。もしこの規則を破ると退学処分になることもあり、教習所側は厳しく対応しているので、その点では安心と言えるのではないでしょうか。しかし女性専用の宿泊施設ではない限り、同じ宿泊先に男性客もいる場合があるため油断は禁物です。どうしても心配な場合は、事前に教習所に詳しく問い合わせるか、中には女性のみ参加できる合宿免許もあるので、そういったものを選ぶと良いでしょう。

女性一人参加のメリット

安全性など色々不安に思う女性一人参加の合宿免許ですが、メリットもいくつかあります。まず、仲の良い友達同士で参加すると確かに安心ではありますが、2週間という長い間生活を共にすることで、さまざまな不満やちょっとした喧嘩が生じることも少なくありません。免許を取得するために参加したにも関わらず、人間関係で気を遣うと、免許取得に集中できないこともあります。その点一人で参加すると、そういったわずらわしさもなく、自分のペースで生活することができるのが最大のメリットではないでしょうか。次に「新しい友達ができることがある」ということです。実は合宿免許の参加者の約4割の人が一人で参加しているため、自然と参加者同士で話をすることもあるでしょう。これをきっかけに仲良くなり、地元に戻っても連絡を取り合って遊ぶようになったという人も存在します。

女性一人参加のデメリット

女性一人で参加する合宿免許は、教習所側もできるだけ安全性に配慮しています。そして一人参加の人も珍しくはないため、女性一人だからといって後ろめたさを感じることもなく、安心して参加できるのではないでしょうか。とはいえ、デメリットもいくつかあります。まず費用の面ですが、仲の良い友達同士で申し込むと「グループ割」といった割引制度もあるので、一人参加の場合は若干料金が割高になる傾向があります。そしてやはり一人で参加すると、「寂しい思いをすることもある」といったことも正直なところです。免許を取得するまで2週間という割と長い期間一人でいると、周りの友達同士で参加している人たちが楽しそうにしている場面を見て、寂しい気持ちになることもあるかもしれません。そういった場合は、食事で隣同士になったりしたときに思い切って話しかけてみるなどして、他の参加者と積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。そうすると、合宿生活がより楽しいものになるかもしれません。

合宿免許は女性一人でも安心

女性一人参加の場合は、不安も大きくなかなか決心がつかないものですが、女性専用の宿泊先は防犯カメラなどのセキュリティも万全なところが多くあります。また一人で参加する人も決して珍しくはないので、是非勇気を出して合宿免許に参加してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました