大学生のうちに合宿免許で普通自動車免許を取ろう

合宿免許の豆知識

大学生が普通自動車免許を取るには、合宿免許が利用しやすくおすすめです。合宿免許はどのようなものか、また大学生のうちに免許を取っておくことのメリットについても解説します。

大学生のうちに普通自動車免許を取っておこう

普通自動車免許は18歳以降であれば取得することができますが、大学生の方は大学在学中に取っておきたいところです。もちろん社会人になってからでも、自動車教習所に通って取ることはできますが、仕事で忙しい中時間を作るのはなかなか難しいのが実情です。しかし大学生の場合は長期の夏休みや冬休みがあるため、数週間〜1ヶ月間のまとまった休みを簡単に取ることができます。その休暇を利用して合宿免許に参加することで、一気に免許を取得できるのです。

大学生のうちに普通自動車免許を取っておくことにはいくつもメリットがあります。大学生といえば、友達と旅行に行かれる方が多いですよね。もちろん電車の旅も良いですが、場所によっては車がないと不便な所もあります。そうした場所に行く際には車が運転できるとスムーズにアクセスすることができます。また、就職活動の際、免許を持っていることは大いに評価されます。例えば営業に行く際は、会社の車を運転するという場面も少なからず出てきます。もちろん免許を持っている他の社員に頼むことも可能ではありますが、自分も運転できるというのはこの上ない強みとなります。

安く短期間で、そして思う存分楽しめる合宿免許

合宿免許は、最短で2週間、どれだけ長くても1ヶ月程度で集中的に普通自動車免許を取得するための合宿です。その期間中決められた宿に食事付きで泊まり、毎日昼間の時間帯に座学や実習を行うことになります。自分でスケジュールを決めて定期的に通う教習所とは異なる方法です。合宿免許は比較的料金が安く、その安いお値段にも関わらず豪華な食事が付いてくることもあります。

短期間で安く免許を取得、というのが合宿免許の醍醐味ではありますが、その他にも合宿免許を利用する大きなメリットがあります。合宿場所は都市部より地方・郊外の場合がほとんどですので、知らない土地でまとまった期間過ごすことで非日常を味わい、気分をリフレッシュさせることができます。また、仲の良いお友達と一緒に参加するともちろん毎日楽しく過ごせますし、そうでなくても同じ部屋・班の知らない人と話すことで仲良くなり、今後長い付き合いになる友達ができる可能性も高いのです。実際に参加してみなければ分からない楽しみが、この合宿免許にはあります。

合宿免許に参加する場合の注意点も押さえておこう

このように良いことづくめの合宿免許ではありますが、少し注意しておくべき点もあります。まず、運転技術の上達が極端に遅い場合は思わぬ延長が発生し、予定していた日に帰宅することができない可能性があります。そうなると、アルバイトや試験など、大切な予定をキャンセルする必要が出てくる場合もありますので、合宿を楽しみながらも、実習や講義は集中して受講し、日々着実に技能を向上させていきましょう。

大学生は合宿免許で楽しく免許を取ろう

普通自動車免許は、普段車に乗って気軽に移動するだけでなく、就職する上でもとても役に立つものです。安く楽しい合宿免許を利用して、大学生のうちに免許を取っておくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました