合宿免許を取りに行くなら安い時期を見極めよう

合宿免許の豆知識

用意された宿泊施設を利用して、短期間で実技試験終了間近まで運転技術の訓練をするのが合宿免許です。そんな合宿免許には、1年の間で利用料金が安くなる時期というのが存在します。そこでこの記事では、これから合宿免許を利用しようと考えている人に、安くなる時期と安くなる理由を紹介します。

合宿免許の利用料金が安くなるのは4月と6月そして10月から11月

合宿免許にも他の商売と同じく、「最盛期」と「閑散期」というのが存在します。合宿免許の「最盛期」はいつなのかというと、基本的に7月から9月と12月中旬から3月です。この2つの時期に関係するのは、長期休暇の期間に入るため利用しやすいのが理由になります。7月から9月は夏の長期休暇であり、お盆休みを利用することで短期取得を目指します。そして12月から3月というのは冬の長期休暇に入るだけでなく、新生活に備えて主に学生を中心に免許を取得しようと考える時期だからです。これらの理由から7月から9月そして12月から3月が「最盛期」となり、どうしても利用人数が増えることで教習員と教習カーを増やすだけでなく、大量の受講者が安心して過ごせるための準備をしなければならないため利用料金が特別料金が上乗せされるので高くなります。

逆に合宿免許の「閑散期」はいつなのかというと、合宿免許の「最盛期」が終わった4月と6月そして10月から11月の短い期間です。これらの時期というのは「最盛期」で利用していた人が実技試験終了間近まで完了しているので退所しているだけでなく、4月下旬から5月上旬の期間で始まるゴールデンウィークを除けば長期休暇がない時期です。そのため利用人数が合宿免許の「最盛期」に比べて格段に少なくなるので、合宿免許側は人件費や設備費を増加する必要がないため利用する上で安い時期ということになります。

さらに4月と6月とそして10月から11月の「閑散期」を狙うメリットとして、合宿免許の多くがお得な割引サービスを実施していることが多いことです。合宿免許側としては、常に利用者が安全に活用できるように常に教習カーや宿泊施設を整備しなければならないため出費が発生します。その安全のための出費費用を考慮するために、長期休暇がないことで利用しにくい「閑散期」であっても利用者をある程度確保しなければなりません。そこで合宿免許側は利用者に対して、学科試験及び実技試験の再受験料金免除などの独自サービスを行っています。

特に「閑散期」を狙うと、当然ながら利用者が少ないため優先的に教習カーに予約をすることができます。もともと合宿免許は短期間で取得を目指すため、通常の教習所よりも多くの教習カーを保有しているのです。ただ「最盛期」の時期だと多くの教習カーを保有していても、どうしても利用人数が多くなってしまうため予約が取りづらくなります。その点「閑散期」であれば利用者がすくないため、優先で乗車することができるのです。運転技術を覚えるためには、やはり何度も乗車をして失敗を繰り返しながら覚えておくのが最短です。そのため優先的に乗車しやすい時期を狙えば、「最盛期」の時よりも比較的短期間で運転免許取得を目指すことができます。

いつから始まるのかホームページを見よう

合宿免許の利用料金が安くなる時期は、「閑散期」になる4月と6月そして10月から11月です。ただいつから割引サービスなどが実施されるかは、合宿免許によって始まる時期に違いがあるため利用する際にはホームページで調べることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました