合宿免許の流れについて

合宿免許の豆知識

合宿免許は、実際どのような流れで進むのでしょうか?教習所によって違いはありますが、大まかな流れは次のようになります。
教習期間中、延長が発生した場合は予定より長くなってしまいます。
合宿期間中は、緊急の用事以外は原則として帰宅することができませんのでご注意ください。

合宿免許全体の流れ

ネットや電話で申し込み

まずは、合宿免許サイトを参考にして教習所とプランを決めましょう。

オススメの合宿免許サイト:くりっく

教習所に到着(第1日目)

 *( )内は、最短の日程になります。

  1. 受付:必要な書類のチェック(住民票、身分証明書、免許書など)
  2. 適性検査:視力検査(片眼で0.3以上、両眼で0.7以上、眼鏡やコンタクト使用可。視力が基準に達していない時は入校できません。必ず事前にチェックを)、聴力、色覚検査、心理テスト(運転時の状況判断能力や、行動の正確さを自覚するための検査)
  3. 先行学科の受講:運転に関する基本的な心得
  4. 合宿期間中の説明

第1段階(2日目~仮免まで)

  1. 学科教習:(道路上で運転するための基本的な知識を学ぶ、9時限)
  2. 技能教習:(教習所内を運転して、運転の基本操作と基本走行を学ぶ。AT12時限以上、MT15時限以上)
  3. 効果測定、みきわめ:第1段階の最後に、「効果測定」「みきわめ」が行われます。これは、学科教習と技能の習熟度がチェックされるもの。「効果測定」(学科試験の備えた模擬テスト)「みきわめ」(教習効果の確認)がクリアされると、修了検定、仮免学科試験受験へ。習熟度が十分でないと判断された場合は、教習の補講を受けます。

修了検定、仮免受験(7日目)

  1. 修了検定(技能):助手席に技能検定員、後部座席に他の受験者を乗せて、場内コースを運転。70点以上で合格。
  2. 仮免学科試験:修了検定に合格しなかった時は、仮免学科試験は受けることができません。全50問の◯×式で行われ、45問以上正解し合格。

終了検定と仮免に合格して、やっと仮免許書が交付され、路上教習へ。

第2段階(7日目~13日目)

  1. 学科教習(運転するためのより実践的な知識を学ぶ。16時限)
  2. 路上教習(高速道路での教習や、危険予測といった実際の運転を学ぶ。AT16時限、MT19時限以上)

2段階全ての学科教習を受けた後、「効果測定」と実技教習の「みきわめ」をクリアすると、とうとう卒業検定を受けます。

卒業検定(14日目)

教習所を卒業するために受ける技能試験。
指定された走行コースと自主経路で目的地点まで運転し、70点以上で合格

卒業式(14日目)

卒業検定を合格すると、卒業証明書を受け取ることができます。この卒業証明書によって、地元の運転免許試験場での実技(技能)試験が免除になります。

本免許学科試験(卒業から1年以内)

住民票のある都道府県の運転免許試験場で本免許学科試験を受験し、100点満点中90点正解して合格し、とうとう運転免許証を取得!教習所を卒業しただけでは、免許はもらえません。

合宿免許の1日の流れ

教習所によって、実際の時間は異なりますが、大体下記のようなスケジュールが組まれています。

  • 7時~8時:朝食(食事付きのコースを申し込んだ時は食堂で食事が用意される。
  • 自炊コースを申し込んだ時は、自分で用意)
  • 8時30分:合宿所からバスで教習所へ
  • 9時30分~12時15分:教習(1時間15分程度の教習を2回受講。授業と授業の間には15分程の休憩。教室内では席は自由。授業後、教習印を押してもらう。)
  • 12時15分~13時30分:昼食(食事付きのコースでは、お弁当と飲み物が支給)
  • 13時30分~18時30分:教習(1時間15分程の教習を3回程受講)
  • 20時~22時:夕食(食事付きのコースを申し込んだ時は食堂で食事が用意される。自炊コースを申し込んだ時は、自分で準備)

合宿1週目は学科教習が多く、座学が中心になります。第一段階の技能教習は、1日2時限まで、第2段階では1日3時限までとなります。

普通、合宿免許では、教習所から近いホテルや寮に宿泊します。朝は自分で起きて、決められたスケジュールに従って行動しないと、最悪延泊しないといけなくなります。延泊すると追加料金が必要になることもあります。くれぐれも寝坊や体調を崩さないように注意して、ルールを守って合宿免許に参加してください。

教習は18時~19時までに終了する教習所が多く、それ以降は自由時間となります。教習所周辺にカラオケなどがあるときは息抜きで楽しむこともできますが、あくまでも教習に来ていることを忘れないでください。学校規則に違反した場合は、途中退学になる場合もあります。学校規則は教習所によって違いますが、門限を守る、飲酒禁止、室内喫煙禁止、危険行為、違法行為、暴力行為、宿泊施設から無断で離れ2日以上連絡がない場合などです。

約2週間で運転をマスターするというのは、予想以上にハード。教科にしても技能にしても、集中して取り組まないと覚えられません。とくに技能教習や試験時では、緊張するもの。毎日のスケジュールは、教習所によってしっかり決められていますので、万全な体調で臨めるよう日々体調管理にはくれぐれも気をつけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました